科学。財政に適用される。 Park Capital SAによる投資への総合的なアプローチ。他の人が見落としている可能性がある機会を見つけられるようにする。

parallax background

クライアントは最初に来る

Park Capital SAは、戦略的パートナーシップでお客様と積極的に関わっています。私たちは基本的に、共有しないことのリスクが共有することのリスクを大幅に上回ると信じています。
そのため、当社は投資家との継続的な対話を確立し、卓越したレベルのクライアントサービスと透明性を提供することによって期待を超えるよう努めています。
Park Capital SAは私たちの戦略に情熱を注いでおり、それらが長期にわたって私たちのクライアントに大きな価値を提供できると信じています。
Park Capital SAは、研究、技術、取引のいずれをベースにしても、私たちが行うすべてのことに最適なソリューションを提供することに専念しています。

あらゆる市場、あらゆるモデル

Park Capital SAは、データセット、市場、モデルが範囲外であるとは考えていません。私たちは世界中で体系的な取引の機会を絶えず探しており、積極的に新しい場所でアルファを見つけるように私たちの人々を奨励しています。
アイデアを取引戦略に変えるプロセスは、非常に体系的で測定されたものです。私たちはたくさんのアイデアから始めます、そしてこれらのどれが私達の投資家のために持続可能なリターンを生み出す可能性があるかを考える必要があります。
Park Capital SAは2段階のプロセスでそれを行います。 1つ目はシミュレーションです。ここでは、アイデアを取り入れ、これらのアイデアから戦略を構築し、それらが長期にわたってさまざまな環境でどのように機能するかを確認します。これに満足しているのであれば、プロセスの第2段階に進み、そこでアイデアをペーパートレードします。我々はそれをライブではなく紙の上でトレードするので、トレードにお金は使われません、しかし我々はこの戦略がこのライブ期間中に頑強であることを確かめるために時間のプロセスを通してライブトレードをシミュレートします。

制約されていない、そして型にはまらない思考

Park Capital SAは科学的、経験的な考え方を投資にもたらします。私たちはテストし証明できるアイデアや理論を交換するだけです。私たちは証拠に基づいて行動し、投資の世界のあらゆる側面をモデル化し理解するよう努めます。しかし、私たちは学術理論家ではありません。私達は私達の知識を経済的価値のあるものを生み出すのに応用する実用的な科学者です。
さまざまな大学、Park Capital SAリサーチセンターとの私たちのユニークなパートナーシップは、これを強調しています。
Park Capital SAリサーチセンターは、定量的ファイナンス、特に機械学習技術とデータ分析に興味を持っている教職員、ポスドク、学生を集めた研究所です。 Park Capital SAの研究者は、CPIの学者と協力して研究を進めています。この共同アプローチは、実用的な商業研究に対する深い学術的洞察をもたらします。
parallax background

最先端のテクノロジー

Park Capital SAは、最先端の量的取引戦略ではすべての段階で最先端のテクノロジが必要であると確信しています。市場データの取得や初期調査からモデルの実装や取引の実行に至るまで。この主な焦点により、私たちの科学モデルは、最小限のオーバーヘッドと最大の効率で、コンセプトからバックテスト、そして生産取引へと移行することができます。
共通のプログラミング言語と統一されたコードベースを持つことは、研究者と技術者がオープンな環境の中で自然にアイデアを交換する共同的で刺激的な作業慣行を促進します。当社の最善のハードウェア、ツール、およびソフトウェアエンジニアリングのプラクティスは、動的なビジネスのニーズを迅速に満たすために高レベルの生産性、品質、および必要な敏捷性を保証します。
実行技術では、私たちのコアゴールは、私たちのクライアントのための最高の実行を確実にすることです。競争がこれの鍵であると基本的に考えるので、我々は複数の取引ルートを持っています。 Park Capital SAが開発したアルゴリズム、最善のサードパーティ製アルゴリズム、および手動トレーディングデスク。常に最適な取引が行われるよう、これらのルート間で厳格な競争を継続的に実施しています。

業界の認識

私達の継続的な研究努力は過去3年間で多数の賞で認められており、その選択は以下に示されています。
賞および/または評価は情報提供のみを目的としており、Park Capital SAの企業またはその製品またはサービスを保証するものと解釈してはなりません。 報奨/格付けが決定される基準に関する情報については、スポンサー/発行者のウェブサイトを参照してください。